food for health

現代人が抱える問題

パソコンなどをみている時間が昔とは比べ物にならないほど多くなったことにより、最近の人は若い人から年配の人まで眼精疲労を訴える人が増えています。この症状はいわゆる疲れ目であり、目が疲れきってしまったおかげでピント調整機能がおいつかず、ラグが出てしまうことでかすみ目が起こるようになっています。
眼精疲労を治療するためにはとにかく目を使わないこと、遠くをみることが必要になってきます。目を酷使していると筋肉が緊張しすぎてしまい、柔軟な動きができなくなります。そうして柔軟な動きができなくなってしまうことでピント合わせにラグが発生し、中々目の焦点が合わなくなってしまうわけなのです。
この症状は軽度であれば目を休ませることによって簡単に治せるようになっていますが、毎日のようにパソコンを触る仕事をしていると中々治療ができず慢性的な眼精疲労の症状となってしまいます。
そのまま生活していれば視力の低下や頭痛などを引き起こす可能性もありますから、できる限り早急に対策することが求められています。
眼精疲労の症状は食事改善によって多少ましになることがあります。目の健康にはブルーベリーに多く含まれているアントシアニンが良いとされていますから、生のブルーベリーをおやつとして、面倒な人はサプリメントとして利用するようになると眼精疲労を改善することができるようになっていきます。

また、慢性的な睡眠不足に陥りがちな現代人ですが、睡眠も眼精疲労に効果的といわれています。これは全身の緊張を解いた状態になれるものですから、体の疲れをほぐすという意味でも睡眠は重要なのです。

眼精疲労があると感じたとき、睡眠や食事はその場ですぐ対応できるわけではありません。緊急対処をしたい場合にはマッサージがオススメです。眉頭を押し上げたり、眉間あたりをマッサージすることによって硬くなっていた筋肉をほぐして眼精疲労を緩和させることが出来る場合があります。また、ホットアイマスクなどを利用して血流をよくし、緊張や疲労物質が早く流れるようにすることも有効です。
眼精疲労は肩こりや偏頭痛にも繋がってくる可能性があるやっかいなものですから、早め早めに対策をして徹底的に改善できるように努めて下さい。
慢性化すればそのまま視力が低下したり、早めに老眼がきてしまったりすることもあります。わざわざ自分の老化現象を進めるような真似をせず、しっかりと対策していけるように知識をつけて下さい。
その場での対応だけでなく、眼精疲労を防止するために日常からサプリメントなどを利用しておくことも有効だとされていますから、健康のためにも目のためにもサプリメントの利用をオススメしています。

記事一覧

疲労感を知る

仕事で、プライベートでなにかしら目を酷使する場面が多い現代ですから、小学生から老人まで眼精疲労に悩まされている人が多いです。目にかかっているストレスは上手に発散しなければ将来的な視力にも問題が発生します。

Read More

老化現象

人間はどれだけ健康にしていても老化現象によって体力が衰えていきます。それは目も同じであり、昔は大丈夫だったのに最近パソコンを長く見ていると眼精疲労が酷いという人が増えてきています。目のケアは視力の温存にも繋がります。

Read More

オススメリンク

TOPICS

利用する

眼精疲労への対策は目の緊張をほぐすことにあります。マッサージや温めたタオルなども効果的ではありますが、眼精疲労に効果的なサプリメントを利用することで状態がグッと改善するようになることもあります。

Read More

しっかりケアする

パソコンやスマートフォンの普及によって人間は目を酷使することが多くなりました。それによって発生している問題が眼精疲労です。これはとにかく目を休ませる以外に解決法がなく、使った分だけ休ませることを意識して生活することが必要です。

Read More